カテゴリー:コラーゲンを多く含む食品とはの記事一覧

すっぽん小町の効果・効能をご紹介。すっぽん小町の副作用についても。

  • コラーゲンを多く含む食品とは

カテゴリー:コラーゲンを多く含む食品とは

薄毛予防にはコラーゲンが有効!科学のメスが薄毛の原因の一つを突き止めた!

薄毛予防 コラーゲン 頭皮

薄毛予防のカギは、毛根周辺のコラーゲンを維持すること!

 

若いころはフッサフサで、逆に髪の毛が多すぎて

「夏は暑いんだよ~、えっへっへ」

などと言いながら髪の毛を自慢気にかきあげながら、余裕かましていませんでしたが?

薄毛予防 コラーゲン

年齢とともに薄毛になる原因はコラーゲン不足によるものと判明

 

 

ところがどうでしょう?

髪の量には自信があったはずなのに、35歳あたりから

 

 

 

”あれあれ?なんだか頭頂部が薄くなってきたんだけど・・・だ、大丈夫なんだろうか”

 

 

と不安になり始め、そして40歳を超えた頃にはその不安が見事に的中!

 

 

アラフォー、アラフィフの皆さんは、そんな経験をお持ちでしょうね。

ほんと、がっかりですよね。

薄毛予防 コラーゲン サプリ

 

 

 

 

 

 

若い時にあれほどあった髪の毛、これだけあるんだから将来ハゲることはないだろう、親戚にだってハゲはいないし、オレに限って・・・なんて高をくくっていたのに、正直、若い時の髪の量なんてアテにならない、というのを身にしみて感じているのではないでしょうか?

 

しかし、ここで一筋の光明が差し込んで来ましたよ!

年齢とともに薄毛になる原因が、一つ解明されたみたいです。

 

それは、毛穴の奥にあって、細胞分裂を繰り返しながら髪の毛となる【毛包幹細胞】が、

コラーゲンの減少とともに少しずつ縮小し、最後は毛ではなく皮膚になる細胞に変わり、やがてはがれ落ちる

からだそうです。

頭皮ケア コラーゲン

 

 

 

 

 

コラーゲンは、この毛包幹細胞の周辺にあり、幹細胞の分裂と一緒にコラーゲンも分解されているわけです。

年齢とともにコラーゲンがなくなっていき、一心同体のように分解されていた毛包幹細胞も分裂を弱めていくため、だんだんと髪の毛自体が細く弱くなり、コラーゲンの消滅とともに毛包幹細胞も細胞分裂をやめ、最後ははがれ落ちるから薄毛になるのですね。

 

このマウス実験を発見したのは、東京歯科大学のグループで、アメリカの科学誌「サイエンス」に発表し、世界中から注目されています。

5年~10年後くらいをめどに、コラーゲンが頭皮からなくなるのを抑えて、脱毛を防ぐ治療薬を開発したい、ということですから、あと10年もすれば薄毛に悩む人はいなくなるかもしれませんね。

 

10年も待てないよ!今すぐにでも薄毛の進行を止めなきゃ!

 

という人は、とにかくコラーゲンをしっかりと摂取することが薄毛予防のカギになるでしょうね。

ただ、コラーゲンを含む食品って、カロリーが高いものばかりなんですよ、残念なことに。

 

豚足、牛すじ、牛テール、鶏皮、スッポン、フカヒレ、うなぎ、くらげ、プリン、ゼラチンを含むお菓子 などなど。

コラーゲン 多い 食品

 

 

 

 

 

ね?ちょっとカロリーが心配になるようなものばかりだと思いませんか?

しかも、これだけのカロリーを摂ってなお、有効なコラーゲンはすっぽん小町2粒よりも少ないんです。

 

コラーゲンだけを最小限のカロリーだけで摂取するには、サプリメントが有効です。

サプリメントを嫌う人もいますが、サプリメントは健康補助食品という名の通り、

 

”普段の食生活で足りない栄養素を、最小限のカロリーで効率よく摂取できる”

 

という便利な食品です。

 

一昔前の食品と違い、現代の食品の栄養素は減少していますし、摂取カロリーに見合っただけの栄養が摂れていない、というのが現実です。

手遅れになる前に、薄毛防止に有効なコラーゲンを意識して摂取していきましょう。

コラーゲンを多く含む食材・食品にはどんなものがあるか

コラーゲン 多い食材

コラーゲンを多く含む食材には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

こちらでは、コラーゲンの質は置いておき、グラムあたりのコラーゲンの量を比べてみたいと思います。

 

⇒ すっぽん小町

 

コラーゲンの含有量(グラム当たり多い順)

 

 

ハモの皮 (78mg/g)

ウナギ蒲焼き (53mg/g)

牛すじ肉  (49mg/g)

ハモ肉  (27mg/g)

皮付きサケ (25mg/g)

鶏砂肝  (23mg/g)

鶏手羽元 (20mg/g)

鶏手羽先 (17mg/g)

豚スペアリブ (16mg/g)

イカ  (15mg/g)

鶏レバー (8mg/g)

 

食事を、朝・昼・晩と普通に摂れば、コラーゲンは約3000mg程度は摂れるそうです。

コラーゲンは、意外と摂取しやすい栄養素で、それでも1日に5000mg程度は摂ったほうがよいということ。

 

ちなみに、すっぽん小町は1日2粒なので、約270mgのコラーゲンが摂取できます。

 

 

・・・ん? すっぽん小町のコラーゲンって、意外と少ない、と思いましたか?

 

すっぽん小町は”お肌プルプル”というイメージが大きいみたいですが、実際にはお肌プルプルよりも、

 

疲れが取れやすい

 

とか、

 

朝の寝起きが良い

 

とか、そういった効果の方が先に実感されるんです。

 

そして飲み続ける事によって、体中には十分なコラーゲンが行き渡り、最終的に肌へ回ってきた時に

「あ、お肌すべすべになってるかも」

と気づくわけです。

 

 

ただ、コラーゲンの質は、”はがくれすっぽん”のものなので、たいへん良質で純粋なコラーゲンが入っているので、品質に関しては安心できますね。

それに科学的な添加物は一切入っていませんから、安心して毎日飲んで健康に役立てることができると思います。

 

⇒ すっぽん小町