コラーゲン アミノ酸 分解

こんな文面、見たことありませんか?

 

「コラーゲンは食べたり飲んだりしても、

体内でアミノ酸に分解されちゃうから意味ないよ」

 

これ、前半は正解で後半は不正解なんです。

 

 

すっぽん小町 効果

 

コラーゲンは体内でアミノ酸に分解される

 

コラーゲンドリンクやコラーゲンサプリ(すっぽん小町とか)を飲むと、

含有されているコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されます。

 

だから”意味がない”という意見が出て来るのでしょうね。

 

 

しかし、冷静になってよく考えればわかるのですが、

コラーゲンは元々、アミノ酸から出来ています。

 

つまり、コラーゲンの原料はアミノ酸なんです。

 

 

体内で”アミノ酸という原料”になったとしても、再びコラーゲンとして

再生される事も可能なわけです。

 

 

 

コラーゲンとして体内で再生されるんだけど・・・

 

例えば、1円玉を分解して溶かすと、

車のエンジンやアルミホイルにもなりますが、元の1円玉にもできます

 

ペットボトルも回収して溶解すれば、文房具にもなれますが、

元のペットボトルにだって再生できるのです。

 

 

同じようにコラーゲンだって、

アミノ酸に分解されて筋肉や骨にもなりますが、肌にも供給されるわけです。

 

 

アミノ酸 分解される 意味がない

 

 

脂肪を食べてもコラーゲンには再生されません。

 

 

でも、

 

コラーゲンを飲めば、分解されても何割かは

再びコラーゲンとして再生されるのです。

 

 

だから、

 

「分解されてアミノ酸になる」

 

だから肌に直接行くわけではない・・・

 

 

 

という部分だけを切り取って、それだけで

 

”意味がない”という事にはならないのです。

 

 

アミノ酸は再びコラーゲンに再生されますよ!

 

全てとは言いませんが、

 

飲んだコラーゲンはその何割かは確実に肌に行き渡ります。

 

 

だったら、なるべくたくさんコラーゲンを飲むほうが、

肌を修復できる確率が高くなる、というわけです。

 

 

現実問題として、コラーゲンサプリを飲み続けている人の肌は、

何もしていない人に比べて格段に水分量が高いのはこのため。

 

 

全てがそのままコラーゲンとして肌に行くわけではない

 

のは正解ですが、それがそのまま

 

”意味がない”

 

と言い換えるのは、論点のすり替えでしかないということ、

わかっていただいたでしょうか?